TOP

訪問ありがとうございます。
今月のプレゼント曲 収穫の喜びとチョト寂しい秋ですので

つぶっこ(雑穀)はあわ・ひえ・麦・そば米・古代米・アマランサス・キヌアなど人類の有史以前から、大切に食べられてきた穀類です。
ここ数年、健康志向にのり、「つぶっこ(雑穀)」の栄養が、現代病とも食病ともいわれる、ガン・糖尿病・高血圧・アレルギー・肥満の改善に役立つことが見直され、食卓に上るようになりました。
柿酢

私もつぶっこを食べるようになってから、体調が良くなり、年を重ねる毎に健康に自信がもてるようになりましたのも「つぶっこ」のお陰かとありがたく思います。
つぶっこ(雑穀)料理をはじめるようになってから、16年を迎えますが、先人の料理の知恵を土台に、簡単でおいしくて、身体がよろこぶレシピつくりに励んでおります。
「つぶっこ」で、健康の輪が広がりますよう、みなさまのご参加をお待ち申し上げます!!
つぶっこ料理教室では、季節を大切にした行事食や旬の素材を生かした料理、調味料や保存食作りなど、食全般にわたり、互いに学びあう場として活用していただけましたら、嬉しく思います。
尚、私の家は古くて狭い台所で、家族と一緒のプライベート空間でありますことをご承知おきいただけますようお願い申し上げます。

 

2018年7月・9月・10月教室案内

 

つぶっこ楽膳教室連絡先

〒283-0005 千葉県東金市田間2182-2 高橋季み
電 話&ファクシミリ 0475-52-7900
       携 帯 070-6928-7900
       メール isshue2000@yahoo.co.jp

※東京方面からのご参加の方は浜松町と八重洲中央の前からバスがでています。
「シーサイドライナー東金・成東」行きに乗り10番目の停留場「新町公園」下車。
時刻表などは下記からどうぞ・・・
千葉フラワーバスシーサイドライナーホームページ

 

 

          ある日の教室

30年来の友人が関西から、つぶっこを食べにきてくださいました。
彼女は くらしギャラリー春瑠を主宰されている、感性豊かな女性です。
私が権現汁を注いでいるところをパッチリと!!
題して「フェルメールふう・権現汁を注ぐ女」
彼女の2013年5月27日のブログ「くらしギャラリー春瑠」をご覧ください。
柿酢

 

 

この南瓜は、9月4日に近畿地方を襲った台風21号で、神戸の港にある娘の友人のヨットハーバーに泳いできた”生命力あふれた南瓜”です。少し痛んでいましたが栗南瓜で美味しかった!!、、、なんと500個流れ着き、娘は50個いただきましたとさ😊😊😊おとぎ話のような世界にこころもほっこりしましたとさ。

 

8月は、お休みをいただき本当によかったと実感しています。
連日の酷暑!。 クーラーのない季みちゃんちでの教室はツライ、、、ことと。やっと9月に入り、夕方に吹く風が頬に心地良くなりました😊 バンダナにアイスノンを頭にいれて忍んだ8月がウソみたい。季節は巡る。ありがたいことですね。9月2日と3日はみりん風教室をしました。みりん風は、気温が大切で30度位の気温で仕込み、徐々に20度位に下がる9月初旬が絶好の仕込み日和です。

和セイロでもち米を蒸し、35度の焼酎と合わせます。

もち米と焼酎を混ぜたら、丁度40度位になりますが、今年は酷暑で温度が中々下がりませんでした。ほぐした米糀を40度位になった瓶に加えて仕込みは完了。あとは一週間に1度位天地かえしをし、2ヶ月程待ちます。液体の2%の塩を加え、『みりん風調味料』のできあがり!!

みりんは、寝かせる程まろやかに。2014年から4年間のみりんを味わっていただきました。これも手作りならですね黒豆茶の寒天煮とこぼれ梅のクッキー

小腹が空きますのでおやつを用意しました。”こぼれ梅”はみりん風を絞った粕のことをいいます。しばった粕が、”梅の花が一面散っている”ように見えるからです。

8月下旬、那須高原に教室の方が引越され、お百姓さんをしながらアワーズレストランで研修されていて、季みちゃんも興味たっぷりでおでかけしました。酷暑も少し和らぎ、すばらしい休暇になり感謝です。

那須黒磯にある、老舗喫茶店SHOZOさんのコーヒーとスコンをいただきましたが、さすがです。一滴のコーヒーに伝統と誇りを感じ、至福の時間をすごしました😊😊

前日はアワーズレストランへ。教室の方が研修されています。玄関も手づくりで空間が見事にしつらえられ、落ち着きました。豆腐も勿論手ずくり、鶏肉は、彼女が初めてさばいたそうです。

この梁もオーナーご夫妻達がされたとか

 

 

テーブルの外はトウモロコシ畑。「今」という牧場がおとなりさんで牛さんのエサになります。私はヤギさんのチーズを買いました。

 

トウモロコシスープとその上にのっているのは、彼女が焼いたとうもろこしのおせんべい。均等に伸ばして焼くのが難しそうですね。お腹にとろけました😊

 

 

 

 

 

鶏肉は、昔いただいた噛みごたえのあるしっかりとした味で、一口で満足でした。鯛の魚は、オーナーが徳島の方で瀬戸内海から直送とか。うれしいです。関西の人間ですので、なつかしく味わいました。新鮮でソースも美味!!

デザートもびっくり! 木のお皿はオーナー手作り。すべてがやさしくしあわせな瞬間でした。ありがとうございます。コーヒーも焙煎されておられるそうです。

 

 

食べることしか頭にない季みちゃん。今年から少し方向転換し、教室の方がされておられる『養生気功』💗気功師 山本永の圧倒的大丈夫の作り方!の教室に月に一度通っています。7月、酷暑の東京での教室を終え、外気36度の世界へ。
おや、、、涼しい ❗  ”心頭を滅却すれば火もまた涼し”  気功は素晴らしい修行のようです。身体のすみずみまで気を流し、ブルブルしながら細胞が生まれ変るのが感じられ気持よくなります。気功のあとは、美味しいお話とお茶の時間。この時間も最高にためになります。皆様も一度ご一緒しませんか!!

5月の休みの一日、宇井真智子さんの「曼荼羅教室」がありました。

静寂のなかで、参加者の息だけがかすかに、、、、緊張と創造の2時間です!!

母の日に素敵なリースが届きました。たくさんの実がなりますように😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月に奈良駅そばにある、念願のミシュランで二つ星を獲得した新進気鋭の懐石料理「白(つくも)」に娘とでかけました。「白」の料理長は教室の方の弟さんの親友です。嵯峨野吉兆、ニュウヨーク、ロンドン、信州のそば屋さんなどで研鑽をつまれ、作陶から華道・茶道・書道、野菜は京野菜伝統農家14代目から土作りまで学ばれたというたぐいまれな料理人です。予約も取れず、やっと1年越しに実現しました。ランチはお手頃なお値段です

お椀の柄が具になっています               

 

 

 

 

大和牛を初めて戴きました!!

八ヶ岳の蕎麦はほのかな甘味がありコースの後でしたが、おかわりをしてしまいました。何とおかわりは、ロンドンの「塩」がでてきました。

デザートは紫陽花のあしらいで、「はぶたえ餅のアイス」羽二重餅をホイップされたとか。食後に、冷たいアイスはお腹に障りますが、すごいアイデアですね。すべてのお料理が丁重で、季節感があり、薄味でハッとする創作料理です。ぜひ、奈良におでかけの折はお出かけ下さい!!メニューは毎月変わるそうです。

 

つぶっこ楽膳教室

7月・・七夕さまは初なり物を好まれて・・つぶっこ楽膳教室

○はと麦とゴーヤ・ブロッコリーの味噌炒め
○ そうめんのサルサかけ
○ 茄子・車麩のあちゃら
○ ゴーヤのピクルス
○ きゅうりのアマニ(亜麻仁)漬け
○胡瓜の吉野葛汁
○キヌアのシャーベット
○五分搗きつぶっこご飯と香の物
○DEKOさんコーヒー

 

9月・・芋名月(十五夜)に豊作祈り・・・つぶっこ楽膳教室
○ もちきびと高野豆腐のコロッケ
○ 生椎茸のもちきびオーブン焼き
○ オクラとみょうがの梅干し和え
○セロリの梅酒漬け
○茄子のしそ味噌焼き
○梅干しのオイル漬けサラダ
○玉ねぎクラッカー
○味噌汁と香の物○五分搗きつぶっこ御飯
○DEKOさん珈琲
 

10月・栗名月(十三夜)はまめやかに・・・つぶっこ楽膳教室
○ キヌアときくらげのから揚げ
○ アマランサス・ごぼう・車麩のみそ煮
○ 厚揚げの塩麹漬け
○ 小松菜のごま和え
○きのこの和風サラダ
○5分搗きつぶっこご飯と味噌汁・香の物
○ しそジュースの寒天煮
○DEKOさん珈琲

10月12日・13日・15日 ・22日・23日・25日・27日・

  28日・29日・30日・31日

 

つぶっこ楽膳パン教室

 

2018年7月パン教室
♧コットンケーキ(シフォンケーキ)リクエストにお答えして!
♧ズッキーニ・古代小麦・ひよこ豆粉のパン
♧夏野菜カレーとつぶっこご飯
♧赤梅酢トマトサラダ

2018年9月パン教室
♡米粉パン
♡ オートミールおこし
♡スープ
♡スパゲッティポロネーゼ(高きびとごぼうで)

 2018年10月パン教室
♢マヤナッツと古代小麦のパン
♢さつまいものチーズムース
◇サラダ
♢もちきびグリンカレーとつぶっこご飯

  10月 18(木)・20日(土)  

 

2018年7月・・・お茶・保存食
老化と糖化(からだのサビ)について
はと麦とゴーヤの栄養について

2018年9月・・・お茶保存食
電磁波考    柿酢の作り方
高野豆腐の栄養
茄子の栄養

2018年10月・・・お茶・保存食
心臓病・高血圧・貧血の民間療法
しそ酒の作り方
栗の栄養と渋抜き

 

日本に留学中のエジプトの学生さんに、エジプト料理を作ってもらいました。そら豆のペーストを2種類。あとはエトセトラ!!   以前、教室でもエジプトの「コシャリ」をしましたが、コシャリも彼女から教えていただきました。教室でも今回のエジプト料理をいつかお披露目したいと思いますので、お楽しみに😊😊

 

 

6月は連れ合いのバースデー月間でした。東京のアートスペース繭さんで、娘主催のバースデーコンサートが開かれました。   題しててのひらの風
6月23日は宇宙を旅する
一鷲(いっしゅう)の誕生日です。
笛の音、弦の音、みんなの声、繭の空間で お祝いしたいと思います。
はじめてのひともなつかしいひとも どうぞおいでください。・・・・・のご案内で朝からの雨も上がり、楽しく朗らかに、音や声が響き、神戸から参加の東子ちゃんの舞いながらの詩の朗読は、連れ合いのメッセージが宇宙から降りてきたそうです。いっしゅうのメッセージをお伝えしたいと思います。

「歓びの詩」

わたしはあなた
あなたはわたし

風になってあらわれて
風になって去ります

光になってあらわれて
光になって去ります

雨になってあらわれて
雨になって去ります


まわり      


まわり

地球
まわり

みんながひまわりの花びらです

みんなでひまわりの花びらです

わたしはあなた
あなたはわたし

おおい
おおい

風がふいたらわたしです

雨が降ったらわたしです

おおい
おおい

ここに
そこに

あなたのすぐそばに

お国替えした連れ合いから、「歓びの詩」のメッセージが届き、哀しんでばかりはおれないな〜〜〜と。ひまわりの花束を胸に、おひさまに感謝したいとおもいます。

 

 

 
10月20日(2016年)、光文社から、
「びんで保存する、おいしくなる」という本が発行され、ビンを使用した保存食の作り方を少しだけ掲載されました。
図書館でリクエストされたり、本屋さんで立ち読みしてくださると嬉しいです。
th_pb240110
th_pb240107