TOP

訪問ありがとうございます

つぶっこ(雑穀)はあわ・ひえ・麦・そば米・古代米・アマランサス・キヌアなど人類の有史以前から、大切に食べられてきた穀類です。
ここ数年、健康志向にのり、「つぶっこ(雑穀)」の栄養が、現代病とも食病ともいわれる、がん・糖尿病・高血圧・アレルギー・肥満の改善に役立つことが見直され、食卓に上るようになりました。
柿酢

私もつぶっこを食べるようになってから、体調が良くなり、年を重ねる毎に健康に自信がもてるようになりましたのも「つぶっこ」のお陰かとありがたく思います。
つぶっこ(雑穀)料理をはじめるようになってから、16年を迎えますが、先人の料理の知恵を土台に、簡単でおいしくて、身体がよろこぶレシピつくりに励んでおります。
「つぶっこ」で、健康の輪が広がりますよう、みなさまのご参加をお待ち申し上げます!!
つぶっこ料理教室では、季節を大切にした行事食や旬の素材を生かした料理、調味料や保存食作りなど、食全般にわたり、互いに学びあう場として活用していただけましたら、嬉しく思います。
尚、私の家は古くて狭い台所で、家族と一緒のプライベート空間でありますことをご承知おきいただけますようお願い申し上げます。

つぶっこ教室11月・12月・2月(2020年)案内

2019年7月・9月・10月の案内

 

つぶっこ楽膳教室連絡先

〒283-0005 千葉県東金市田間2182-2 高橋季み
電 話&ファクシミリ 0475-52-7900
       携 帯 070-6928-7900
       メール isshue2000@yahoo.co.jp

※東京方面からのご参加の方は浜松町と八重洲中央の前からバスがでています。
「シーサイドライナー東金・成東」行きに乗り10番目の停留場「新町公園」下車。
時刻表などは下記からどうぞ・・・
千葉フラワーバスシーサイドライナーホームページ

 

    ある日の教室

30年来の友人が関西から、つぶっこを食べにきてくださいました。
彼女は くらしギャラリー春瑠を主宰されている、感性豊かな女性です。
私が権現汁を注いでいるところをパッチリと!!
題して「フェルメールふう・権現汁を注ぐ女」
彼女の2013年5月27日のブログ「くらしギャラリー春瑠」をご覧ください。
柿酢

9月9日の台風15号は、千葉県に甚大な爪痕を残し、まだ普段の生活に戻れてない方もあり、時間が経つほど、被害の大きさに心も沈みます。そして、たくさんの方々から、お見舞いと心配の電話やメールを頂戴し、ありがとうございました!!お陰さまでつぶっこ季みの家は少しの被害で大丈夫でした。古い家ですので大変心配くださいましたが、持ちこたえました😊

10月に入り何とか前向きにと千葉の人々は歩み始めた所です。
災害を通し、人の思いやりや助け合いに沈んだ心も
灯りがともり、”感謝と愛” の言葉しかないことに気づきます💗💗💗
今回、一番感じたことは、断水して『水』の大切さを再認識しました。
日頃から非常時にと蓄えはしていましたが、『トイレ』が一番使用することに
ビックリ❗ポン。トイレの落とし紙は流さないよう改めました。
(でも大は流していますが、、、、、)
私の子どもの頃の『ぼっとん便所』あれは災害にも強く、エコですね。
日本人はエライ!

小さな木々たちが折れて、無惨な庭です、、、。まだ、裏の竹の折れたのは大きくて切ることができないでいます。

つぶっこ教室からあるいて5分の所に、教室の方のカレー屋さんがあります。(Good earth)  ハーブのお庭も素敵ですが、お部屋もアットホームで落ち着きます。オーナーは、インドに魅せられ、年に2ヶ月間インドで、料理やアーユルヴェーダを身体にしみこませて帰国され、私たちにふるまってくださいます❤❤❤
お米も仲間で一緒に作られ、安心安全、からだが歓喜する”スペッシャルなカレー屋さん”です。木・金・土お昼のみ営業されていますよ。のぞいてみてくださいね。☀

 

小さい方も遊べます

千葉市中央区そごうから徒歩12分、『貝淵卓也』 という日本料理のお店があります。教室の方が貝渕君と一緒の職場で働いておられ、久々の再会にご一緒させていただきました。彼は4年前独立し、和の初代鉄人・・・道場六三郎氏に学ばれた新進気鋭の料理人です。日本料理の奥深さをゆっくりと堪能させていただけ、私もお料理を一口づつ戴きながら、学ばせていただきました。願わくば、毎月お店に通いたくなりますが、、、、先立つものが、、とほほ〜〜〜がんばります❗

 

 

5月の母の日にはバラの花束が届き、感謝❤ ありがたいことです❤

 

 

 

 

4月は誰かさんがこの世に現れた日です。しだれ🌸も満開に咲き誇り祝っていただきました。そして、教室の方のサプライズ❗早朝から手作りされた木の実の倖せケーキ💓💓💓感謝です。一口戴くとありがたさと嬉しさで😭があふれて、、、。

デミタスのカップは娘からのプレゼント😊😊😊

食べることしか頭にない季みちゃん。昨年から少し方向転換し、教室の方がされておられる『養生気功』💗気功師 山本永の圧倒的大丈夫の作り方!の教室に月に一度通っています。7月、酷暑の東京での教室を終え、外気36度の世界へ。

おや、、、涼しい   ”心頭を滅却すれば火もまた涼し”  気功は素晴らしい修行のようです。身体のすみずみまで気を流し、ブルブルしながら細胞が生まれ変るのが感じられ気持よくなります。気功のあとは、美味しいお話とお茶の時間。この時間も最高にためになります。皆様も一度ご一緒しませんか!!

つぶっこ楽膳教室

今年で11年を迎えたつぶっこ教室
”楽”に”らく”にそして楽しく より豊かな交流の場になれたらと、、、、。
皆さまの笑顔に支えられ、亥年を歩ませていただきます。
鏡の餅は想うだろう
『飢えのない世界を映したい』
先日も強盗殺人で自首した男性が飢えと寒さで過ちを犯したと。
飢えのない世界は人類のテーマー。つぶっこがその一助になれたらいいですね😊😊

10月・・・豊年・豊作・豊(とよ)の秋・・つぶっこ楽膳教室
○ ミネラル命の出しの作り方
○ もちきびと豆腐・切り干し大根の袋煮
○ さつまいもの南蛮漬け
○大根もちの三杯酢
○ 長いもの黒酢ソース和え
○茄子の煮浸し
○5分搗きつぶっこご飯とみそ汁
○香の物
○ 高きびババロア
○DEKOさん珈琲
10月26日・27日・29日と31日は定員オーバ―しました・

11月・・・旧暦亥(い)の日はこたつ開き・・・つぶっこ教室

○気合いをいれて味噌汁作りを!!
○ひよこ豆とおからパウダー、蓮根バーグのひえソース
○ちりめんの卵とじ
○じゃがいものナムル
○南瓜の種と人参サラダ
○里芋と切り干し大根の煮物
○ゆかりご飯と香の物
○ベニエ・ド・ポム(りんごのフリッター)
○DEKOさん珈琲

日程;11月6日・7日・9日・10日・11日・     19日・20日・23日・24日・25日

12月・・・あえ(饗)のもてなし事納め・・・つぶっこ教室

○黒豆を煮ませう
○キヌアと牛蒡の直かつお煮
○菊いもの酢の物
○小松菜の豆腐和え
○長老喜のバター炒め
○クラゲの酢の物
○ご飯とみそ汁
○馬鈴薯のお焼き
○DEKOさん珈琲

日程;12月3日・4日・10日・12日・14日・      16日・17日・20日・21日・22日

2月・・・針供養にこんにゃくを供え・・・つぶっこ教室

○つぶっこ(雑穀)ってすごいを学ぶ
○ひえのかば焼
○蒟蒻(こんにゃく)のナムル
○もちきびと玉ネギ、若布の煮物
○かぶとドライトマトのサラダ
○じゃがいもと梅干しのガレット(梅ソース)
○酒粕クラッカー
○つぶっこご飯と香の物
○味噌汁
○DEKO さん珈琲

日程;2月7日・8日・9日・18日・19日・       23日・24日・27日・28日・29日

 

つぶっこ楽膳パン教室

 

2019年10月のパン教室

♢ウイーン風バケット(ちょっと贅沢です)
♢松の実と茄子のペーストパスタ
♢サラダ菜ともちきび
♢パインとマシュマロの車麩生クリーム
◇香の物 とスープ

2019年11月パン教室

日程11月14日・16日

ひよこ豆パン

○ご飯のチーズ焼き

○りんごのスープ

○季節のサラダ

○ご飯  ○DEKさん珈琲

2019年12月パン教室

日程;7日・8日・24日・25日

○シュトレン

○練りごまソースのパスタ

○押し麦と南瓜のカレースープ

○DEKOさん珈琲

2020年2月パン教室

日程;13日・15日

💗りんごとナッツの蒸パン

💗タピオカプディング

💗やさいとパスタのシチュー

💗季節のサラダ・DEKOさん珈琲

2019年10月、、、お茶・保存食

・唾液の働き
・梅干ししょう油の作り方
・銀杏の保存の仕方

 

2019年11月保存食

○びわの葉茶と栄養 

○柚子こしょうの作り方

2019年12月保存食

珈琲の歴史と銀ぶら(銀座)

○おおばこ茶と栄養 

○菊いもの栄養

2020年2月保存食

○炭水化物ってどうなの?!

○酒粕の栄養

6月は連れ合いのバースデー月間でした。東京のアートスペース繭さんで、娘主催のバースデーコンサートが開かれました。   題しててのひらの風
6月23日は宇宙を旅する
一鷲(いっしゅう)の誕生日です。
笛の音、弦の音、みんなの声、繭の空間で お祝いしたいと思います。
はじめてのひともなつかしいひとも どうぞおいでください。・・・・・のご案内で朝からの雨も上がり、楽しく朗らかに、音や声が響き、神戸から参加の東子ちゃんの舞いながらの詩の朗読は、連れ合いのメッセージが宇宙から降りてきたそうです。いっしゅうのメッセージをお伝えしたいと思います。

「歓びの詩」

わたしはあなた
あなたはわたし

風になってあらわれて
風になって去ります

光になってあらわれて
光になって去ります

雨になってあらわれて
雨になって去ります


まわり      


まわり

地球
まわり

みんながひまわりの花びらです

みんなでひまわりの花びらです

わたしはあなた
あなたはわたし

おおい
おおい

風がふいたらわたしです

雨が降ったらわたしです

おおい
おおい

ここに
そこに

あなたのすぐそばに

お国替えした連れ合いから、「歓びの詩」のメッセージが届き、哀しんでばかりはおれないな〜〜〜と。ひまわりの花束を胸に、おひさまに感謝したいとおもいます。
10月20日(2016年)、光文社から、
「びんで保存する、おいしくなる」という本が発行され、ビンを使用した保存食の作り方を少しだけ掲載されました。
図書館でリクエストされたり、本屋さんで立ち読みしてくださると嬉しいです。
th_pb240110
th_pb240107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をあきらめないで