2018年4月パン教室

2018年4月パン・・・つぶっこ楽膳教室

しだれ桜満開の4月のパン教室は、しあわせな気分です💓

 

2018年4月パン教室
♡ハードライ麦パン(ライ麦80%)
♡ いりこクッキー(超サプリのクッキー)
♡豆腐とそば米の和風カレーとご飯
♡春菊と生椎茸のバルサミコ酢和え


♪ハードライ麦パン(ライ麦80%)(300㌘位3個)
私の黒パン(ライ麦パン)との出会いは、神戸にある”フロインドリーブ“というドイツ人のパン屋さんで「レンガのような黒パン」を食べたのが始まりです。学生時代から30年位食べ続けました。連続テレビドラマの「風見鶏」の主人公の方です。1924年に神戸で開業され、日本人の妻ヨンさんと住まわれている中山手のお家を描いた油絵も購入したことがありました。
材料;細挽きライ麦粉          400㌘
強力粉                 100㌘
小麦天然酵母              100㌘
自然海塩                10㌘
サワー種                50㌘(あれば)
モルトシロップ             10㌘(あれば、コクが出ます)
キャラウェイシーズ           5㌘(あれば)
ぬるま湯                250cc

ラベンダーとミントはバースデープレゼントです。何才になっても気持のラピングを戴くのは、うれしくありがたいことです😊😊

教室の方から太いワラビを戴きました。春の苦みのある山菜は、体をきれいに掃除してくれます。

ライ麦パンの材料がボウルにはいりました

ボウルので生地を軽くこねて丸め、一時間発酵させます

ザルに粉をひき生地を押し込めます

生地に切り込みをいれて

50分近く焼き上げます。皮はパリットしていますが、中身は固くないです。

 

ライ麦について

ライ麦はイネ科の栽培植物で、寒冷地でも育つことから、ロシア、ドイツ、ポーランドなどで多く栽培されています。麦角は、陣痛促進・子宮止血剤に使用されています。
本格的栽培は紀元前3000年前、北欧で始まり、日本には明治に北海道、東北で栽培。
ライ麦粉は、小麦粉よりも糖質もカロリーも低いのでダイエットにうれしい食材です。ビタミンB群やミネラル、食物繊維もたいへん多い栄養価の高い食材で便秘解消にすぐれています。
ライ麦にはガンの発生を抑え、また、高血圧や動脈硬化、糖尿病の予防にも役立つと考えられています。食物繊維やプロテアーゼインヒビター、フイチン酸、カルシウム、ビタミンB1,などの栄養成分がふくまれます。ウオッカやライウイスキーの原料にもなります。
モルトについて
モルトは麦芽糖と酵素の入った水飴のようなものです。イーストの発酵促進や、色つや、香りなどをよくしてくれます。でんぷん分解酵素のアミラーゼやたんぱく質分解酵素のプロキアーゼなどの酵素がはいっています。
ライ麦サワー種
①ライ麦全粒粉30㌘とぬるま湯30cc(餌) を練り、活きたヨーグルト小さじ1をかき混ぜ
(ビンの上にラップをし、2〜3カ所穴をあける)
28℃くらいの室温かお風呂(残り湯の暖かい風呂)のフタの上に一日置く。
②2日目も、餌を足し、良くかきまぜます。(一日2回程かきまぜると酵母が活性化します。)
③3日目も。餌を足し、良くかきまぜます。気泡が発生し、2倍くらいにふくらんだら完成。
ライ麦サワー種は、自然酵母と乳酸菌の入った酸味と発酵力のあるパンを焼くのに大切です。
冷蔵庫で保存します。
ライ麦サワー種の保存法
一週間に一回程度、餌(ライ麦全粒粉30㌘とぬるま湯30cc)を追加し、よく混ぜる。
ビンが一杯になったら、60㌘程残し、他を別の容器に移し冷凍保存する。
ライ麦粉の割合によるパンの名前
パン・オ・セーグルはライ麦粉10%以上〜65%未満
パン・オ・メデイユはライ麦粉50%
パン・ド・セーグルはライ麦粉65%以上
ライ麦粉の割合で、焼き上がりや味がちがうので、名前も変化するのでしょうか!?
ライ麦100%パン
ライ麦100%のパンを焼くときは、ライ麦全粒粉240㌘にライ麦サワー種340㌘
(サワー種160㌘に水180ccをまぜたもの)。天然酵母は使用しません。
ぬるま湯100ccと蜂蜜15㌘、塩8㌘にお好みのスパイスを加えてこねます。

 

 

♪頭が強くなる超サプリクッキー(約30枚)
このクッキーを作ろうと思ったきっかけは、アスペルガーの子どもがミネラルの栄養補給で改善する症例本の中で、代官山にある弓田享氏が「ルネッサンスいりこサプリメント」を開発されたことが掲載されていました。早速教室の方と代官山へ行き、クッキーやケーキを購入しました。ケーキは弓田氏が日本一と自称されるだけあり、チョコレートケーキのとろける美味しさは今も記憶に鮮やかです。サプリメントクッキーは腹持ちよく、栄養たっぷりでいいと思いましたが、お値段も高いので、日々、ごはんと同じように栄養を戴くには手が出せません。
手軽にサプリメント感覚で手元に置くには、作るしかないと思い創作してみました。
材料;スペルト小麦粉(古代小麦)      100㌘
サクサク粉              50㌘
小麦天然酵母             100㌘
キャロブパウダー(いなご豆皮)    大さじ3
シナモン粉              大さじ1
味噌                 大さじ1
いわし粉(いりこ)          大さじ1
あご出し粉              大さじ1
かつお節粉              大さじ1
根昆布粉               大さじ1
アーモンドパウダー          30㌘
胡桃(くるみ)粉           30㌘(細かく刻む)
松の実                30㌘(細かく刻む)
煎った白と黒の胡麻          合わせて30㌘
サチャインチナッツ          30㌘(細かく刻む)
干しマンゴー             30㌘(細かく刻む)(干しいちじくなどでも)
発酵果物(柑橘系が美味)       30㌘(細かく刻む)
粉チーズ               30㌘
バージンオリーブ油          大さじ3
ごま油                大さじ2
デオキシオイル            大さじ1
蜂蜜                 大さじ2
ナツメグ               小さじ1
自然海塩               ふたつまみ
水                  60cc〜70cc
作り方;①胡桃、松の実、サチャインチナッツは細かく、粒を感じなくなるまで挽く。
黒胡麻、白胡麻は炒りすり鉢でする。干しマンゴーは細かく刻む。
②すべての材料をボウルにいれよく混ぜ合せます。台に小麦粉をひき、
生地をめん棒で2㌢位の厚みにし、お好みの型に切ります。
③170度オーブン中段で30〜35分こんがり焼きます。

まずはすごい材料の数に❗ポン

頭が強くなる超サプリクッキーを常備されていますと、非常時にも栄養補給になります。お出かけや山登りなどのアウトドアの必携にも。美味しくて味わいがありますよ。

♪豆腐とそば米の和風カレーとつぶっこご飯(4人分)
材料;豆腐              1丁
そば米                50㌘(1時間浸水)
玉ねぎ                1個(みじん切り)
生姜                 ひとかけ(みじん切り)
大蒜(にんにく)           ひとかけ(みじん切り)
菜種油とごま油            大さじ2
クミンシード             小さじ1
カレー粉               大さじ2
ミネラル命の出し           2カップ
かつお節               ひとつかみ
自然海塩               小さじ1
胡椒                 少々
こい口しょう油            大さじ1
パセリ(飾り用)           適量

そば米と豆腐のハーモニーは、お腹にやさしい味です。カレーが食べたいけど、お腹の調子が悪い方でもいけそうですね。教室では夢中になっておかわりされました!!

 

♪春菊と生椎茸のバルサミコ酢和え(4人分)
材料;生椎茸               4個(¼に切る)
春菊                半束(4㌢に切り50℃洗い)
バルサミコ酢と水          各30cc
砂糖大根糖             小さじ1
ローリエ              1枚
ピンクぺパー(飾り)        適量
作り方;➀生椎茸はフライパンで油をひかないで焼き目をつける。春菊は4㌢に切り50℃洗いをする。バルサミコ酢と水、砂糖、ローリエを小鍋にいれさっと沸騰させる。
②焼いた椎茸はバルサミコ酢に浸す。お皿に春菊をひき、その上に椎茸をのせてピンクペパーを飾ります。

バルサミコ王子さま(教室の方のあだなです)も絶賛😊

バルサミコ酢は水と砂糖で少し煮ます。生椎茸は、油をひかずにこんがりと。
♪香のものとDEKOさんコーヒー