2017年9月楽膳教室

9月18日、東金の「いきいき食堂」さんのお庭に曼珠沙華が!、、そう、、、、もうお彼岸が近いのですね。我が家のゴーヤも今年は立派にグリーンカーテンの役目を果たしてくれました。ゴーヤは5〜6個採集。毎日ゴーヤシュースにしていますゴーヤの葉は、教室のタイの方から、炒め物やお茶にするといいと伺いました。

2017年9月楽膳教室
9月・・・野分けだつ二百十日・・・つぶっこ教室
♧ズッキーニのキヌアソースかけ
♧南瓜(かぼちゃ)の塩レモンサラダ
♧アマランサスとしらたきの金平
♧茄子とズッキーニのカレーマリネ
♧さつまいものピューレ ♧クラッカーのさつまいもピューレのせ
♧玉ねぎとレンズ豆のターメリックスープ
♧5分搗きつぶっこご飯と香の物
♧コーヒー

9月28日・29日

8月は台風の影響で梅雨のような陽気でした。9月に入ってからやっと夏らしい日射しが戻り、身体は喜んでいます。食欲の秋のつぶっこは、つぶっこの優等生のキヌアやアマランサスを使います。

♪ズッキーニのキヌアソース添え(4人分)

材料;ズッキーニ(茄子でも)      大きいと1本(4つに割る)
キヌア              100㌘(1,5倍の水と塩少々で炊く)
菜種油(ズッキーニ炒め用)    適量
調味料
ナンプラーかヌクナム       大さじ1
青ねぎ              大さじ1(みじん切り)
レモン汁             小さじ1(すだちや柚子の汁でも)
大蒜(ニンニク)         1片(みじん切り)
赤唐辛子             半本(種を取りみじん切り)
砂糖大根             小さじ1
水                小さじ1

調味料を混ぜます

キヌアの栄養
キヌアはアメリカ合衆国のNASAが21世紀の地球上生物の主食になるのでは、と発表してから欧米では静かなブームを呼んでいるアカザ科の食用穀物です。
キヌアはリジン等の必須アミノ酸がすべて含まれ、ビタミン、カルシウム、ミネラルも豊富に含まれた完全栄養食です。(ペルーを中心としたアンデス高原原産)
ペルー先住民ケチュア族の人々に語り伝えられている効用
♪;子どもの成長に非常に良い・・・頭がよくなる
♪;病後の回復が早い
♪;皮膚炎症を防ぐ・・・アトピー、シミ、そばかすを防止、日焼けを防ぐ
♪;妊婦のお乳の出をよくする・・・このお乳は乳幼児の免疫性を高める
♪;貧血症に効く・・・鉄分が多いので太り過ぎない
♪;便秘に驚異的な効果あり
分析結果による専門家たちの予防効用
♪;良質繊維質による便秘効用・・・痔、静脈瘤の予防になる
♪;悪玉コレステロールの症状が抑制され、高血圧の予防・肥満防止になる
♪;運動などによる疲労感が少なくなる
♪;骨粗鬆症の予防になる・・・鉄分とカルシウムが豊富なため
♪;良質サポニンが多いので、老化、ガンなどの予防になる
♪;離乳食として非常によい・・・バランスのとれた必須アミノ酸を含む
♪;下痢などを防ぐ

 

♪南瓜(かぼちゃ)の塩レモンサラダ(4人分)
材料;南瓜             中半個(8㎜厚さのまわし切り)
レタス               半分(細切り)
レモンやスダチ(飾り)       半月切りを4枚
ドレッシング
塩レモン              大さじ1(レモン、スダチの汁でも)
白ワイン              小さじ2
バージンオリーブ油         小さじ2
自然海塩              小さじ⅔
砂糖大根糖             小さじ⅔

南瓜は沸騰して10分位で柔らかくなります。蒸かすときにひとつまみの塩をかけると、南瓜の甘味が引き出されます。

 

♪アマランサスと白滝(しらたき)の金平4人分)
材料;白滝(糸こんにゃくでも)   1袋(塩でもんでから茹でます)
アマランサス(粒)         大さじ2
人参                小半本(マッチ棒に切る)
赤唐辛子              半本(種を取り輪切り)
菜種油かごま油(炒め用)      適量
ミネラル出し            大さじ3
こい口しょう油           大さじ1
味醂(みりん)           小さじ2

アマランサスを入れた金平は栄養満点です
♪茄子とズッキーニのカレーマリネ(4人分)
材料;茄子           2本(2㌢厚さの半月切り)
ズッキーニ (コリンキでも)  1本(2㌢厚さの半月切り)
大蒜(にんにく)        1片(みじん切り)
ピュアオリーブ油(炒め用)   大さじ2
胡椒と自然海塩         各少々
ナッツ(軽くロースとする)   大さじ1(胡桃やカッシュナッツなど)
マリネ液            カップ½
オリーブの実(あれば)     4個(トッピング)
 マリネ液
マスタード            小さじ½
柿酢(果物の酢)         大さじ2(ワインビネガーでも)
自然海塩             小さじ½
菜種油              大さじ4(オリーブ油でも)
カレー粉             大さじ½
トマトソース           大さじ2(トマトペーストでも)
上から順番に混ぜていきます。味をみて胡椒を加えます。

茄子とズッキーニをオリーブ油で炒めます今月は8月の異常気象でズッキーニが少なく、コリンキーで代用しました。コリンキーは南瓜の仲間ですが、あっさりとしたした味で、生でサラダにも使えます。

♪玉ねぎとレンズ豆のターメリックスープ(4人分)

材料;レンズ豆         100㌘(水に1時間位浸水)
玉ねぎ             1個(うす切り)
人参              半本(小さめの乱切り)
じゃがいも           4個(小さめの乱切り)
ローリエ            1枚
菜種油(炒め用)        少々
ミネラルの出しか水       600cc
調味料
粉ターメリック         小さじ¼
クローブ(あれば)       2粒
粉コリアンダー         小さじ¼
粉カルダモン          小さじ¼(あれば種なら3粒)
自然海塩            小さじ½(豆の甘味を殺さないよう控えめに)
粉黒胡椒            少々

レンズ豆は3時間以上浸水するほうが、柔らかく煮えます。

ミネラルたっぷりのいのちの出しとターメリックなどのハーブが優しいスープになりました。

 

 

 

 

 

 

♪さつまいものピューレ(1ℓの保存ビン1本分)「ビンで保存する、おいしくなる」から
材料;さつまいも             700㌘(皮をむいた正味)
豆乳(牛乳)               300cc
バター                  30㌘
自然海塩                 ひとつかみ
作り方;①さつまいもは1㌢幅に切り、厚めに皮をむき、10分蒸し柔らかくします。
②鍋にさつまいも、豆乳(牛乳)、塩を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、マッシャーや
すりこぎなどでマッシュし、バターを加えてよく混ぜます。
保存ビンに入れ、フタをして脱気する。冷蔵で一ヶ月保ちます。

さつまいもは蒸かし、マッシャーでつぶす

豆乳とバターを加えてピューレにします。


♪5分搗きつぶっこご飯と香の物
♪クラッカーのさつまいもピューレのせ
作り方;クラッカーの上にさつまいもピューレを載せミントを飾っていただきましょう!!
♪コーヒー