2016年5月お茶・保存食

5月・・・お茶・保存食・・・つぶっこ楽膳教室

オメガ3について  よもぎの栄養
塩麹の作り方  ゆで卵の茹で方
””♪オメガ3について””
脂肪と聞くと、脂肪太り・皮下脂肪・体脂肪・内蔵脂肪、、、と、
なんだか肥満や不健康を連想しますが、『いい油(脂肪)』は、からだにとって必要な、健康の基礎をつくる栄養素でもあります。
脳の7割は、脂質でできています。60兆個の細胞膜もリン脂質やコレステロールでできていて、血管や血液、ホルモン、神経も脂質なしでは存在しません。『油』がないと生きられないのです。

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。
*飽和脂肪酸は肉やラード、乳製品などの動物性の脂肪
*不飽和脂肪酸は植物性の脂肪
オメガ3;グリンナッツ・チアシード・えごま・亜麻仁油・くるみ・菜種油・青魚の油
オメガ6;紅花油・コーン油・ごま油・サラダ湯・大豆油・マヨネーズ・ひまわり油
オメガ9;ひまわり油・オリーブ油・紅花油・アーモンドなどの種実・
不飽和脂肪酸のうち、オメガ3と6は体内で作られないので、食事で補う必要があります。
オメガ9と飽和脂肪酸は体内でも合成できます。油の摂りかたのバランスが命を左右します。
人類の歴史が始まって以来、どんなバランスで脂肪酸が摂取されてきたか調べたデータがあります。約200万年続いた旧石器時代のあいだ、オメガ6と3の比率は1対1でした。
約1万年前に農耕がはじまってからは、オメガ6と3の比率は1対1から3対1の範囲で推移しています。100〜150年前から、急激にオメガ6が高まり、現代の欧米人の平均は、
15対1に推移しています。豊かな国々では肉食と食物油、加工品が増えたためです。
日本では戦後50年急激にオメガ6が増え、10〜20対1に及ぶ場合もあると言われ、
2000年に厚労省は4対1を提示しています。オメガ6と3のバランスが悪いと、まっ先に影響が出やすいのが免疫機能と炎症で、バランスが改善すると、はじめに変化がみられるのも免疫と炎症だそうです。
永田良隆医学博士は「昭和30年代の和食に戻す」ことと。
油のバランスを改善させて、アトピー性皮膚炎の約7割が全快。
約1万人以上の治療データーによると、オメガ6と3の比率が2,4対1以下に抑えられればアレルギー反応が治まるそうです。そして、ビタミンとミネラルを充分に摂り酵素をはたらかせ、抗酸化作用でオメガ3を守ります。
オメガ6(リノール酸)が隠れている加工食品
マーガリン・インスタントラーメン・コーヒーフレッシュ・クッキー・マヨネーズ・
ドーナツ・揚げ物・チョコレート・洋菓子・スナック菓子(ポテトチップ)・アイスクリーム

アメリカではトランス型脂肪酸の使用を2018年に完全撤廃になりましたが、日本は野放し。
トランス型脂肪酸は、動脈硬化・心臓病・ガン・免疫機能・認知症・アレルギー・アトピー・流産・死産・胎児の体重減少・母乳を通じて乳児のトランス型脂肪酸の移行など大変健康に
ダメージを与えます。

オメガ3(αリノレン酸)はこんな人にオススメ
ダイエットしたい・糖尿病、高血圧・メタボを解消したい・血液サラサラにしたい・冷え症・症認知症が心配な人・ずっと若々しくいたい人・骨の弱りを感じる人・うつぽい人・美肌、肌荒れ解消
これまでオメガ3の弱点は、酸化しやすいことでしたが、
今回使用しますペルーのアマゾン流域を原産地とするグリーンナッツ(サチャインチ)は、
天然のビタミンEが100㌘中200mgも含まれているので(アーモンドで31mg)、
強力な抗酸化作用があり、炒めても酸化し難く、加熱料理にも使用できます。(さっと炒める)

厚労省は一日当たりオメガ3を2,2㌘摂ることを目標にしていますが、
小さじ1のサチャインチオイルを摂ることで4㌘強摂取できます。サチャインチナッツなら7個食べれば目標量をみたせます。
サチャインチは100㌘中、オメガ3が50%以上、チアシードは18%あり、
どちらも毎日の食事で摂ると、最強の美容と健康の味方になることでしょう!!
オメガ3は毎日摂らないと細胞の調整ができませんので、毎日の習慣にして下さい。

柿酢
青背の魚に含まれるオメガ3(EPA とDHA)はストレスにも有効という興味ある実験が、
富山大学医学部、浜崎智仁教授の実験で分かりました。
医学生41人に毎日1,5〜1,8㌘のDHAを食べるグループと食べないグループとでは、
大きな試験と卒業論文のイライラ度が食べているグループには全くなかったそうです。
カルシウムもですが、青魚の油もストレスにいいようです。
エイコサペンタエンサが発見されたきっかけは、イヌイットに冠状動脈疾患が少ない
ドコサヘキサエンサが発見のきっかけは、日本の子どもの知能指数が高いのはDHAの影響。\r\nDHAはさまざまなメカニズムでストレスを和らげるそうです
脳のセロトニンの働きをよくし、神経伝達物質の働きを高める。
アセチルコリンが記憶や学習能力に関係する。
ノルアドレナリンが集中力や積極性に関係する。
ドーバミンが楽しい、心地よい感情に関係する。

特に、イワシにはスピルリナというオメガ3がたっぷり含まれている『藻』(も)を食べているために、オメガ3を豊富に含みます。
♪よもぎの栄養
よもぎはモグサの名で親しまれ、また『医草』と呼んで、邪気をはらい、
食べたり飲んだりすると寿命がのびるといわれてきました。
4月から6月のよもぎの葉や根を乾燥しお茶にします。
よもぎの栄養;よもぎに含まれているコリンは脂肪肝、高血圧の予防にいいといわれ、焼酎に漬けて貧血、胃の不調に。

ミネラル・ビタミンも豊富で、整腸作用が大きく、便秘にも効き、組織臓器の機能を正常に保ち、公害物質や老廃物がたまらないよう流してくれ、
血液を浄化するという大役をはたします。
煎じて風邪、食あたりに。
婦人病には生の葉をもんで湿布したり、傷の止血にも効きます。
よもぎは糖尿に効くといわれます。単独で飲んでもいいし、ドクダミやはと麦などとまぜても。
腎臓病、むくみ、結石、胆のう炎、リュウマチ、神経痛、うるしかぶれ、痰きりに薬効があります。

よもぎの味噌汁を1ヶ月毎日のむと、骨粗しょう症、アレルギー、アトピー、花粉症が改善される。    (崇城大学薬学部教授・村上光太郎先生)
よもぎは、冷え性・不妊症・目・胃腸・肝臓の弱い方にいいです。

干し方;生葉の全草をよく洗い水気を切り、1日目はカンカンのひなたで、2日目からは
陰干ししてカラカラになるまで干します。
よもぎ茶の作り方;一リットルのお湯に乾燥した葉10〜15㌘を入れ、弱火で10数分煎じてつくります。この煎じ汁はお茶や湿布に用いることができます。
*高血圧・動脈硬化・胃腸病・頭痛・神経痛・貧血には葉10㌘を水500ccで半量に煎じ、一日3回に分けて食前に内服します。
*腰痛・腹痛・冷え性・痔には干したよもぎの葉を袋に⅓量入れて、入浴剤として使います。
又、葉を10キロ採集し、乾燥させて「よもぎ座布団や枕」を作ります。
私は枕に愛用しています。よもぎの座布団は痛みを取り、解毒作用もあります。空気を浄化し、アロマテラピーとして大活躍!!
* 血便にはよもぎとしょうがを、同量まぜて内服します。
* 漢方では不正出血や月経過多・切迫流産などの出血症状に用います。
* 母乳不足には、お餅によもぎを入れたり、よもぎの、若葉のみそ汁が良い
♪塩麹の作り方
麹  300㌘    自然海塩   100㌘   水300〜350cc

麹は固まりをよくほぐし、容器に塩と麹、水を加えてよくかき混ぜます。
常温で一週間から10日間、毎日一回かきまぜます。麹がほどよく溶けまろやかな感じになれば完成です。完成したら、冷蔵庫で3ヶ月〜6ヶ月を目安に使い切ります。
柿酢

##””ゆで卵の茹で方””##

卵のおしりに傷をつけ、沸騰した湯の中におたまでそ〜といれます。弱火で10分煮たら、水で冷ましてから皮をむくと、白身がひっつかないでするりとむけます。