パン2012年09月

9月のパン教室
♡キャロブのマフイン
♡ 竹炭かりんとう
♡彩り野菜のスープパスタ
♡野菜のマリネサラダ
♡パパイヤと西瓜のデザート
♡大多喜の「抱(はぐ)」さんの手廻し焙煎コーヒー

竹炭かりんとう

th_pb240109
全粒粉、竹炭パウダー、小麦天然酵母、菜種油、りんごジュース、自然海塩を混ぜ、
30分生地を休ませてから伸ばします。

th_pb240109
5ミリ厚さに伸ばした生地をカットしているところです。

th_pb240109
カリッと揚げて、青のりと粟国の黒砂糖でからめました。
からめているうちに、次々に試食?と称して「お口」に入っていきます。
美味しい、なつかしいの連発!!

th_pb240109
炭のせいか油臭くなく、あっさりとしたお味です。

th_pb240109
お持ち帰りのパッケージです。

竹炭について
炭は土壌改良や水の浄化(ミネラルウオーターになる)に役立ちますが、特に竹炭は木炭より超微細孔ですのでより効果が高いとされています。
高温で焼いた竹炭には通電性が高いので電磁波を遮断します。
炭は「腹が痛かったら、これを飲んで寝てナ」というように、昔から解毒剤、整腸剤として使われてきました。(工房たけさとさんの資料より)
炭にはカルシウムやナトリウム、鉄、マンガンなどのアルカリのミネラルがバランスよく含まれ、無数の微細な穴との相互関係で塩素やトリハトメタン、放射性物質、化学物質を排出します。
また、炭を住みかとする微生物は、農薬や殺虫剤、水銀、カドミウムなどを排出する働きがあり、土壌改良や汚水処理に広く利用されています。
人間の腸も土壌と同じで、微生物が100兆億も住んでいるといわれており、人間の命のもとの赤血球を作る土台なのです。
炭は腸や血液を元気にしてくれますので、積極的に使用したいと思います。

キャロブ(いなご豆の粉)のマフイン

th_pb240109 キャロブ粉、米粉、小麦天然酵母、もちあわ(粒の生)、グリーンレーズン、豆乳、菜種油、砂糖大根糖、自然海塩を混ぜてオーブンで20分ほど焼いて出来上がりです。生のブルーベリーと干しクランベリーをトッピングして。

th_pb240109
キャロブはチョコレートの食感があります。このマフインは授乳中のお母さんや子供に
低脂肪で食物繊維、鉄分、カルシウム、ビタミン等が豊富に含まれ、
またノンカフェインですので、安心して召し上がれます。
チョコレート大好きな方もキャロブで代用でき、体にもいいですよ。
キャロブのココアも胃にやさしいです!!
”彩とりパスタとサラダ、デザート

th_pb240109 玉ねぎ、かぼちゃ、人参、ピーマンを干しえのき、干ししめじのスープ出しでやわらかくし、牡蠣から季みちゃんが作ったオイスターソースと塩,こしょう、醤油で味をつけたスープをオーガニックのパスタにかけました。

th_pb240109
潮の香りが、かすかにするパスタに手作りのウスターソースをかくし味にタラリとかけ
2つの味を楽しみました。

th_pb240109
サラダはキノコや野菜をさっと茹でてから、白ワインとオリーブ油、赤唐辛子、
粒黒こしょう、ニンニクに一晩漬けました。
沖永良部島のパパイヤと西瓜のデザートです。

畑の夕顔

th_pb240109
夕顔の「白」が夕闇のなかで妖艶に佇んでいます。