つぶっこパン教室

つぶっこパン教室
日程;つぶっこパン楽膳教室の開催日は、毎月お知らせいたし ます。

時間:朝9時半から1時過ぎまで(パン教室は30分早く始まります)
会費:一回3500円
人数:一日4名
申し込み方法 前月からその月の開催日の一週間前まで。
電話かファックス・メールでお願いいたします。
* キャンセル、日程変更は開催日の三日前までにお願いいたします。

持ち物:エプロン / バンダナ / 手ふきタオル / タッパー ( 持ち帰り用 )

11月から2020年2月までのつぶっこ楽膳教室案内

 つぶっこ楽膳教室連絡先
〒283-0005 千葉県東金市田間2182-2 高橋季み
       電 話&ファクシミリ 0475-52-7900
       携 帯 070-6928-7900
       メール isshue2000@yahoo.co.jp

    基本的にフライパンでも出来るよう考えています

 * 自家製石臼挽き小麦の天然酵母をお分けしますので
  300cc 位の小瓶とお持ち帰り用のタッパーをご持参下さい。
2020年2月パン教室

日程;13日・15日
💗りんごとナッツの蒸パン
💗タピオカプディング
💗やさいとパスタのシチュー
💗季節のサラダ・
💗DEKOさん珈琲

娘の誕生日は30日。クリスマスと正月が混ぜこぜ?の祝いになりいつも可哀想、、、、😭 ケーキは手作りを戴きカメさんがまず試食!!
到来ものの五島のざざえを焼き、
スペインのカカオサンパカのチョコを一粒戴きました(10年前は一粒を4等分し戴いた懐かしい思いでがあります。今も舌に味わいが残っていますよ❗)
さてさて本番のケーキも登場😊
2019年12月パン教室
○シュトレン
○練りごまソースのパスタ
○押し麦と南瓜のカレースープ
○DEKOさん珈琲

 

今年もシュトレンを219個焼くことができ感謝です💗

♪シュトレン(パンケーキ)(1個約200㌘で10個分)
材料;強力粉             500㌘
スペルト全粒粉            50㌘
ライ麦粉               50㌘
オートブラウン            20㌘(カラス麦のふすま)
ロールドオート        20㌘(押しカラス麦)(エンバクとも)
キャロブパウダー           30㌘(いなご豆の粉)
サクサク粉              20㌘(サゴ椰子のでんぷん)
砂糖大根糖              20〜30㌘(黒砂糖でも)
自然海塩               10㌘
小麦天然酵母             200㌘
豆乳                 150cc
無塩バター              150㌘
卵                  1個(50㌘)
水                  150cc
デオキシとサチャインチオイル     合計20cc
レーズン、乾燥トマトとバナナ、デーツ、枸杞(くこ)実など300㌘(湯で柔らかくする)
発酵果物、柚子ピール、レモンピール 150㌘(自家製発酵果物5〜6種類使用)
果物ブランデー漬け(2年漬けました) 150㌘
木の実(ローストして刻む)      250㌘
(生カッシュ・クルミ・マカデミアナッツ・アーモンド、松の実など)
スパイス(シナモンは10㌘、カルダモン、ナッメグパウダー、クローブパウダーは各小さじ1)
ブランデー              適量(風味付けですのでなければ入れなくてもいいです。)
無塩バター(仕上げ用)        150㌘
砂糖大根糖と粉糖(仕上げ用)     適量
作り方;①レーズン、乾燥トマトとバナナ、デーチは湯に通し柔らかくし刻みます。
柚子ピールとレモンピールも刻みます。

発酵果物はレモン、ビーツ、プラム、プルーン、りんご、夏みかん、金柑、みかんなどを2年以上発酵させました。粗く刻みます。
ナッツ類も150度のオープンで香ばしく、から焼きし(5〜6分)荒く刻みます。
②豆乳とバターは沸騰させ、沸騰した中に水を混ぜ、溶いた卵を加え40℃位にします。

シュトレンの材料。

③天然酵母と砂糖、塩を②の豆乳で溶き、スパイス・ブランデーの順にまぜ最後に

すべての材料をいれこねます。

粉を加えこねます。
①のレーズンやピール類、木の実、果物のブランデー漬け、発酵果物を少しずつ包み込み均一に混ぜます。あればサチャインチオイルか亜麻仁油、デオキシオイルを少しまぶし、丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、シャワーキャップをして 一次醗酵⇒30分
④一次発酵した種をガス抜きし、10個に丸めます。キャンバス地かオーブンシートの上に、ぬれタオルをかけ、10分ほど休ませす。

楕円に伸ばし成形。

⑤横長のだ円に伸ばし、綿棒で1㎝ぐらいの厚さにします。この時、出来るだけレーズンは生地の中に入れ、表面にでないようにします。(レーズンは焦げると苦くなるため)
折りやすいように中央部を手で押さえ少しくぼませ、合わせ目を少しずらして二つ折りにして、オーブンシートを敷いた天板にのせ、ぬれタオルかキャンバス地をかけて仕上げ発酵⇒30分

さあ焼きましょう!!

➅180℃に熱したオープンの中段で、色づくまで30分焼き、
オーブン温度を下げて、160度で15分さらに焼きます。
熱いうちに溶かしバターを塗り、砂糖大根糖をふり、粉糖を雪のようにかけます。
* シュトレンは、常温の涼しい所で、3週間位日持ちします。
熟成を楽しんで下さい!! 昨年は半年楽しんだ方もおられましたよ。

真ん中から切り、少しずつ醗酵を楽しんでくださいね😊

柚子ピールの作り方

柚子はうすく皮をむきます。種は化粧水に。汁は柚子酢に。

柚子10個はうすく皮をむき、たっぷりの湯を沸かして皮を入れ、再沸騰したら火をとめザルにあげる。ボウルに水をはり、時々水をかえながら半日ほど水にさらす。柚子皮の水気をきり、重さをはかります。柚子の皮の8割の砂糖大根糖を鍋にいれ、水大さじ5を加えて、皮と一緒に弱火で煮ます。水気がなくなったら(水気がなくなるのに約60分)、オーブンシートの上で乾かします。お好みで砂糖をさらにまぶして下さい。冷蔵庫で長期保存が可能です。

乾燥してできあがりです。紅茶に入れても美味しいですよ。

スペルト小麦について
スペルト小麦は、9000年以上前からヨーロッパで栽培されていた古代小麦です。
古代小麦のため、化学肥料、除草剤、殺虫剤や農薬をほとんど用いること無く栽培できる。
30年間の経験値によると、小麦アレルギーをもっている人が食しても85〜90%は発症しない。グルテンフリーではありません。消化がいいので高齢者や病人の方に安心。
サクサク粉について
サクサク粉は、サゴ椰子の幹からとれる粉です。パプアニューギニアの原住民の人々の大切な主食です。アレルギーを持つ子どもでも食べられます。(オリゴ糖含む)
加熱すると、くず状になり、うどんやプリン、ギョウザ、タルト、クッキーなども作れます。
教室では小麦粉や片栗粉の代用や、2割ほど小麦粉と混ぜお焼き,天ぷらにと重宝しています。
ロールドオートとオートブラウンについて
オート・ブラウン(エン麦のふすま)は水溶性食物線維の王様とよばれ、
コレステロール値を改善してくれます。
ロールド・オート(エン麦を蒸してロールしたもの)は、食物繊維を多く含むため消化吸収を穏やかにし血糖値を安定させる働きがあります。また、エン麦に含まれるβ1,3グルカンは心臓病を発症するリスクを低くします。ちなみに食物繊維は白米の約22倍・鉄分は約5倍・カルシウは約9倍もあります。
ビタミンB1は玄米の次に多く、ビタミンB2はアマランサスの次に多く、またミネラルも豊富で骨粗鬆症の予防にもすぐれています。便秘解消や美肌効果・ダイエット効果・脱ニコチン効果・免疫力を高め,抗がん作用もある「オートミール」を積極的に食事に取り入れていきたいものですね
♪練り胡麻ソースのパスタ(4人分)
材料;パスタ            人数分
玉ねぎ               1個(みじん切り)
大蒜(にんにく)          1片(みじん切り)
ラードとサチャインチオイル     大さじ2‘炒め用)
トマトホールかトマトジュース    200㌘
干しシメジとえのき         5〜6本(コンソメスープの出しになります)
ウスターソース(自家製)      大さじ2
濃い口醤油             大さじ1
ナッメグ              少々
ローリエ              1枚
自然海塩、胡椒           適量
煉り胡麻              大さじ3
胡桃(さっと炒る)         1カップ(粗く刻む)
黒胡麻(飾り)           大さじ1

胡桃と煉り胡麻たっぷりの贅沢ソースは全員が生まれて初めてと感動でした!!

作り方;①煉り胡麻ソースをつくります。鍋に油を熱し、みじんにした玉ねぎ、大蒜(にんにく)を香りよく炒め、トマトホール、干しシメジ、ウスターソース、醤油、ナッメグ、ローリエ、塩胡椒を加え10分程煮ます。とろりとしたら、練り胡麻と胡桃を加えて火をとめます。
②パスタを茹でる鍋に塩と油を少し加え(分量外)沸騰したら、指示された時間で茹でます。
茹でたパスタにサチャインチオイル(分量外)をまわしかけ、煉り胡麻ソースをかけ、黒ごまを散らして戴きます!!

 

誰かがお店で頂くと2千円越えだねと叫んでいました。💗


♪押し麦(丸麦でも)と南瓜のカレースープ(4人分)
材料;南瓜(かぼちゃ)         中くらいの半分(皮ごと2㌢角に切る)
玉ねぎ                  中1個(2㌢角に切る)
押し麦か丸麦               50㌘(軽く洗う)
ミネラル命の出し             1000cc
カレー粉                 大さじ1
自然海塩                 小さじ½

南瓜の甘味と丸麦のとろみがいい感じのスープです。

作り方;①出しの鍋に、南瓜と玉ねぎは2㌢の角切りにしたものと、押し麦を入れ中火で野菜が柔らかくなるまで煮ます。②野菜が柔らかくなったら、カレー粉を煮汁で溶き鍋にいれ、
塩で味を調えます。季節の青物をトッピングしていただきましょう!!

簡単で滋養のあるスープです。
  ♪DEKOさん珈琲 

 

ステキに華やいだ食卓の12月パン教室でした😊😊😊
2019年11月パン教室
ひよこ豆パン
○ご飯のチーズ焼き
○りんごのスープ
○季節のサラダ
○ご飯
○DEKさん珈琲

準備OK!!
盛りつける食器もスタンバイ😊

 

♪ひよこ豆(ガルバンゾー)パン(セレクル型8個分)
セレクル型は底のない円形の型のことで、パンやケーキ、タルトなどに使用されます。
材料;乾燥ひよこ豆            80㌘(戻すと倍強になります)
強力粉                  300㌘
小麦天然酵母               150㌘
砂糖大根糖                大さじ1½
自然海塩                 小さじ1½
ぬるま湯                 50〜80cc
バター                  大さじ1½(1㌢角に刻む)
作り方;①ひよこ豆は、洗ってから一晩浸水し、柔らかくなるまでゆでます。

丸めて1次醗酵させます。

②ボウルにゆでたひよこ豆、強力粉、天然酵母、砂糖、塩をいれよく混ぜ、ぬるま湯を加え
生地がまとまったら、バターも加えて練り込みます。ボウルに分量外のバターを塗り、生地を発酵させます。       一次発酵⇒60分
③発酵した生地を8分割し、ぬれフキンをかけ10分生地を休ませます。(ベンチタイム)
④セルクル型の内側にバターをぬります。オーブンの上にセルクルを置き生地を丸めて8分目ぐらい入れ二次発酵させます。 二次発酵⇒40分
⑤生地が少しふくらんだら、200℃のオーブンで約18分焼きます。

セレクル型に生地を入れ焼きます。
こんがりと焼き上がり!
ひよこ豆の甘味がしあわせ💗

♪つぶっこ(雑穀)ご飯のチーズ焼き(4人分)
材料;米とつぶっこ       3合(お好みのつぶっこを大さじ3混ぜます)
水                3合と大さじ3
玉葱               1個(小さめの乱切り)
人参               半本(小さめの乱切り)
セロリ              1本(小さめの乱切り)」
キャベツの葉           1枚(小さめの乱切り)
生椎茸              2個(小さめの乱切り)
バターとギー(炒め用)      大さじ2
大蒜(にんにく)と生姜      各1片(みじん切り)
自然海塩と胡椒          適量
シュレットチーズ         100㌘

作り方;①5分搗き米とつぶっこ大さじ3合わせて3合を鍋に入れ洗います。3合と大さじ3の水を洗った鍋に加え、弱火で沸騰させ沸騰したら15分弱火で炊き、火を消す前に10秒程中火にしてから火を止めます。
野菜類は、小さめの乱切りにします。大蒜(にんにく)と生姜はみじん切りにし、油で炒め大蒜の香りがたったら野菜も炒め、塩と胡椒で味をつけます。たくさんの野菜を刻みます。

オーブンで焼きましょう。②炊きあがったご飯に炒めた野菜を混ぜ、上にチーズをふりかけます。お好みでレッドペパー(一味唐辛子)をふり、200度のオーブンで25分ほど焦げ目がつくまで焼きます。

 

あっさりと戴けました😊

♪林檎(りんご)のスープ(4人分)
材料;林檎(りんご)         2個(皮ごとみじん切り)
玉ねぎ                1個(うすくスライス)
バターかギー(炒め用)        大さじ1
ひえ粉                大さじ2
水                  カップ2〜3
自然海塩               ふたつまみ
りんごの皮(浮身)          適量(千切り)
作り方;①厚手の鍋にバターかギーをひき、玉ねぎをしんなりするまでフタをして炒めたら、ひえ粉を木じゃくしで3分程からめ、みじんにした林檎(りんご)も加

スープの材料

え3〜5分りんごがしんなりするまで炒めます。
②①の鍋に水を2〜3カップを入れ、スープがとろりとしたら塩を加えて味を調えます。 りんごの皮のスライスを浮身にしていただきましょう!!

 

 

とろりと林檎も溶けて、、、、。
3回お代わりされた方もありましたよ!!

♪塩麹のひよこ豆サラダ(4人分)
材料;茹でたよこ豆             半カップ(約100㌘)
大根と人参              各5㎝(千切り)
塩と胡椒               適量
貝割れや水菜(飾り)         適量
塩糀ドレッシング
塩糀小さじ2・太白胡麻油とサチャインチオイル各大さじ1・柿酢大さじ2・
薄口しょう油小さじ1・りんごジューズ大さじ1をすべて加えよく混ぜる。
作り方;①ひよこ豆は一晩水につけて戻す。戻したひよこ豆を鍋にいれ、柔らかく煮ます。
②大根と人参は皮つきのまま千切りにします。
③豆と野菜を塩糀ドレッシングと塩と胡椒で和え、貝割れを飾り出来上がりです。
ひよこ豆(ガルバンゾー)は食物繊維・タンパク質・カリウムビタミンB1・カルシウムが豊富に含まれ、疲れやすい方、血圧が高めの方、便秘気味の方、大腸ガンの予防におすすめです。
塩糀の作り方
材料;糀 300㌘   自然海塩 100㌘   水 300~350cc
作り方;糀はかたまりをよくほぐしておきます。容器に糀と塩をよくまぜて水をヒタヒタにいれ、よくかきまぜます。常温で1週間から10日間、毎日1回かきまぜます。
糀がほどよく溶け、塩角がとれてまろやかになったら完成です。
冷蔵庫で3ヶ月を目安に使いきります。


♪香の物       ♪DEKOさん珈琲

小茄子を塩麹でつけました。
ハヤトウリは酢と梅干し醤油で和えて。

 

 

パン教室が始まる前のひょっとことおかめさん😊😊
材料もスタンバイOK!!

2019年10月のパン教室

♢ウイーン風バケット(ちょっと贅沢です)
♢松の実と茄子のペーストパスタ
♢サラダ菜ともちきびスープ
♢パインとマシュマロの車麩生クリーム添え
◇香の物 ・DEKOさん珈琲

台風19号関東接近前の静かなパン教室です。

♪ウイーン風バケット(4本分)
『ウイーン風のパン』と名前がついたフランスパンは、1840年にオーストリア大使館員が祖国の上質なパンをパリのパン屋に作らせたのが始まりとされています。当時フランスでは小麦の質が悪かったそうですが、ハンガリー産の上質な小麦の使用でふっくらと美味しいパンになり評判になったとか!!バケットの中身もバターや牛乳、卵が入った贅沢なパンです。
材料;強力粉(あれば中力粉)       230㌘
全粒粉(古代小麦全粒粉)      50㌘
小麦天然酵母            100㌘
砂糖大根糖             15㌘
自然海塩              5㌘
卵                 1個
無塩醗酵バター           30㌘
豆乳か牛乳             50〜80cc
サチャインチオイル         適量
サチャインチオイル         適量

材料をすべてボウルにいれこねます。
丸めて一次醗酵
8分割します(今回は倍の材料です)
仲良く輪になりました。
平に丸く伸ばします
三つ折りにして。
のばして切り込みを入れます
焼き上がり!!

作り方;①ボウルにサチャインチオイルをぬり、すべての材料を入れこねます。水分が足りなければぬるま湯(分量外)を足しながらこねて下さい。
生地を丸めて50分一次醗酵(ボウルの上にシャワーキャップをかけ30℃位の所で醗酵)
②台の上に粉をひき、生地を4等分し丸め、10分ベンチタイム。
(乾燥しないようにぬるま湯で絞った布巾をかける)
③なまこ型に生地をまとめ、30㌢位の長さに生地を伸ばし、深めに切り込みを入れる。
オーブンシートの上で30分二次醗酵させ、200度のオーブンで20分焼きます。
♪松の実と茄子(なす)のペーストパスタ(4人分)
材料;茄子                    4本(丸ごと網の上で焼き細かくたたく)
松の実                  50㌘(すり鉢でする)
自然海塩と胡椒              適量
大蒜(にんにく)             2片(おろす)
パスタ                  人数分
季節の青物                適量(パスタのトッピング)
サチャインチオイル(パスタの香りつけに) 適量

松の実はかるく炒る。
茄子は魚焼き器で裏表焼く。
茄子と松の実をすります。
松の実となすのソースができました

作り方;①茄子は網の上でころがしながら焼き、皮ごと細かく叩き、松の実はすり鉢でねっとりとすり、大蒜のすりおろしと茄子も加えてペースト状にし、塩胡椒で味を付ける。
②鍋に湯を湧かし、塩と油(分量外)を少し加えた中でパスタを茹で、茄子のペーストをからめます。仕上げに、サチャインチオイルをかけ、季節の野菜を添えて戴きます。

生まれて初めて戴いたパスタに舌鼓を打ちました!!

♪パインとマシュマロの車麩生クリーム添え(4人分)
材料;パイナップル             4枚(生か缶詰)
マシュマロ              12個(半分に切る)
車麩                 4枚
ヘーゼルナッツ(飾り用)       4個
ラード(揚げ用)           適量
生クリーム              200cc
バニラ                少々
砂糖大根糖              大さじ2
ミント(飾り用)           適量

パイナップルは手でつぶしました。
ボウルに氷を当て泡立てます

 

作り方;①パイナップルはフォークでつぶし、マシュマロは半分に切る。

生クリームにバニラと砂糖大根糖を加え、七分に泡立て、その中にパイナップルとマシュマロを和えます。車麩は、ラードで揚げます。
②揚げた車麩の上に和えた生クリームを盛り、ヘーゼルナッツとミントを添えて頂きます。

車麩は戻さないでさっと裏表揚げます
パイナップルと生クリームのハーモニーは素敵です💗

♪サラダ菜ともちきびのスープ(4人分)
材料;もちきび              大さじ2
サラダ菜              8枚(千切り)
玉ねぎ               1個(うす切り)
大蒜(にんにく)          1片(すりおろす)
ミネラル命の出し          2カップ
自然海塩と胡椒           適量
小口葱(ねぎ)           適量

玉ネギと大蒜を炒めます
できあがり。
サラダ菜がいっぱいでしあわせ気分のスープです😊

作り方;①鍋に胡麻油をひき、すりおろした大蒜と玉ねぎを香りよく炒め、ミネラル命の出しともちきびを加え、12分煮ます。
②塩と胡椒で味をつけ、千切りにしたサラダ菜を加えて火を止めます。
小口葱(あれば茗荷や紫蘇の葉を刻んで)散らしましょう!!

♪香の物
♪DEKOさん珈琲

 

白雪草は『明日を信じて咲く花よ』の花言葉。9月の台風も明日を信じて再起したいものです!!

2019年9月のパン教室

♡さつまいもパン
♡おからクッキー
♡ さつまいものそうめん揚げ
♡春菊カレーとつぶっこご飯
♡香の物

教室始め。
パン材料

 

 

 

 

 

 ♪さつま芋パン(12個)
材料;強力粉             300㌘
スペルト小麦(古代小麦)       50㌘
さつま芋             400㌘(中2本)(8㍉の輪切り)
石臼挽き小麦天然酵母         150㌘
砂糖大根糖              大さじ1〜1,5
自然海塩               小さじ1½
豆乳                 大さじ2
シナモンパウダー           小さじ1
サチャインチオイル          大さじ2
バター                大さじ1
ぬるま湯(30〜35℃)       150〜200cc
作り方;①さつま芋は8㎜の輪切りにし、塩ひとつまみ(分量外)入れて柔らかめに蒸し(10分)ます。②ボウルにマッシュしたさつま芋・砂糖大根糖・塩・豆乳・強力粉・スペルト小麦・天然酵母・ぬるま湯を入れる。

ボウルに太白胡麻油(分量外)をうすく塗り、シャワーキャップをかけパン生地を発酵させます。                   一次発酵→約60分
③生地が気持ちふくらんだら、ボウルから出し、ガス抜きをし、12分割します。
生地が乾燥しないよう、ぬるま湯で絞った布をかける ベンチタイム→10分

生地をのばす
角切りのさつま芋とシナモンを包む

 

④きれいな面を裏にして、12センチ位の円形にのばし,さつま芋とシナモンを生地にのせ、左右を少し折りたたんで丸めます。

二次醗酵30分

⑤生地がひとまわり大きくふくらんだら、カミソリで3カ所クーペ(切り目)をいれ、あらかじめ温めたオープンで25分位焼きます。   190度→25分

* 2段になりますので途中で入れ替えてください。
* 生地に太白胡麻油を塗り、白ゴマをかけてから焼いても美味しいです。
* マッシュのさつま芋の代わりに南瓜も甘くて美味しいですよ。
南瓜(かぼちゃ)やさつまいもの粉も売っていますのでお試しください。

粉なら100㌘いれます。

 

 

 

♪さつま芋の素麺(そうめん)揚げ(20個ぐらい)
材料;さつま芋          中1本(約200㌘)(一口大に切り蒸す)
乾燥素麺             適量(1㌢位に折る)
卵黄               1個
豆乳               80cc
上新粉              100㌘
砂糖大根糖            大さじ1
ラード(揚げ用)         適量
作り方;①さつま芋は一口大に切り、塩を適量まぶし(分量外)皮ごとさつま芋が柔らかくなるまで蒸す。蒸したらヘラでなめらかにつぶし、豆乳、上新粉、砂糖大根糖を加えて混ぜ合せる。これを3㌢位のボール型に丸めます。

②卵黄に水を入れ溶き、さつま芋団子にくぐらせます。素麺を1㌢位に折り、
くぐらせたさつま芋をまぶし、中温(180℃)の油できつね色に揚げます。

 

 

金帯そうめんを折ってつけて揚げました!!

♪おからクッキー(35〜40個)
材料;スペルト小麦全粒粉          100㌘
おからパウダー            30㌘
砂糖大根糖              大さじ2
石臼挽き天然酵母           50㌘
溶かしバター             50㌘
豆乳                 50cc
卵白                 1個
自然海塩               小さじ½
クランベリーやレーズン        大さじ2(ナッツ類でも)
作り方;①ボウルにすべての材料を入れ、よくかき混ぜます。

手にひっつくようならヘラでかき混ぜ、オーブンシートの上に40㌘分割し生地を調えます。
②オーブンを180度に温め、180度で20分ほどうっすら焦げ目がつくまで焼きます。

♪小松菜カレーとつぶっこご飯(4人分)

小松菜は冬に出回りますが、夏の終わりにもし小松菜や春菊、法蓮草、青梗菜などの葉物があれば試してみて下さい。葉物の少ない時期になぜか食べたくなるカレーです。
材料;小松菜(春菊)        2束(1㌢ぐらいのざく切り)
トマト               1個(みじん切り)
しめじ               1袋(石づきをとり1㌢位に切る)
大蒜(にんにく)          3片(みじん切り)
生姜(しょうが)          1片(みじん切り)
ラード(炒め用)          大さじ3
キャラウェーシード          小さじ1
クミン               小さじ1
フェヌグリーク           大さじ⅔
カレー粉              大さじ1
ガラムマサラ            小さじ1
ローリエ              1枚
豆乳                50cc
自然海塩              小さじ2
作り方;①小松菜は1㌢位のざく切り。しめじは1㌢位に切る。トマトと玉ねぎはみじん切り。大蒜、生姜もみじん切り

②厚手の鍋にラード大さじ3を溶かし、クミンシードとキャラウェーシード、フェヌグリークシード、大蒜、生姜を香りが立つまで炒まったら、玉ねぎも加えキツネ色になったら、トマトも加え混ぜ合せます。トマトが崩れたら、カレー粉、ガラムマサラ、塩、ローリエで味をつけます。
③②の鍋に刻んだ小松菜と豆乳を加えて12分程煮込みます
味をみて足らないようであれば醤油や梅干しを叩いたものを

加えると味が引き締まります。

 

 


*Fenugreek(フェヌグリーク)コロハ(一年草の豆科)
古代エジプトでは妙薬。セロリのような甘い香り。ビタミンA・B・Cを含む。
種に含まれるステロイドサポニンが女性ホルモンの前駆物質で、体内で女性ホルモンに変わり、バストを大きくしたり、母乳の出をよくする。
痰のきれをよくする・のどの痛みを和らげる・皮膚炎によい・腫瘍の痛みを和らげる・
抗炎症作用・健胃・母乳の出をよくする・痛風・乳腺発達・催淫・局所粘膜の保護・唇の荒れ動物実験では、コレステロール低下と中性脂肪低下がみられる。
血糖値を下げる。免疫力を高める。腸内環境を整える効果。
トリゴネリン(アルカロイドの一種)、ガラクトマンナン(多糖類の一種)、シオスゲニン(プロゲステロンに似た構造をもつ食物ステロール)、エストロゲン(女性ホルモン)、コリン、ゲンチアニン(デルフィニジンの配糖体。だ液や胃液の分泌を促す)、サポニン(配糖体の一種)たんぱく質、ミネラル、フラボノイド(食物に含まれる色素、苦み、辛味成分でポリフェノールの一種)を含む栄養のある種です。
♪香の物
♪DEKOさん珈琲
2019年7月パン教室

半夏生のお花をいただきました🌷 葉っぱの半分はお化粧していますよ!!どくだみ科でこぼれ種で増えるそうですので、楽しみにしています。昔から七十二候の1つ『半夏生』から作られた暦日で、半夏生までに田植えを済ませる風習があります。

♧ズッキーニのパン
♧ズッキーニのパスタ
♧ニョッキのトマトソースかけ
♧キヌアとトマトのっぺい汁
♧香の物

♪ズッキーニのパン(11㌢×4,7㌢×5㌢の型に4個)
材料;ズッキーニ(すりおろす) カップ2(2本)(ザルに上げ汁を切る)
強力粉             300㌘
小麦天然酵母          100㌘
卵               3個
砂糖大根糖           50㌘
太白胡麻油         カップ⅓(サチャインチ油を大さじ1プラス)
自然海塩            小さじ1
シナモンパウダー        小さじ3
バニラエッセンス        小さじ1
木の実類(お手元にあるもの)  1カップ(ローストし細かく砕く)
レーズン            カップ半分
作り方;①卵と砂糖は、泡立器でよく混ぜます。ズッキーニはすりおろし、汁は戴きます。

③180℃のオーブン中段で約60分、竹串をさして、ひっつかなければ出来上がりです。

木の実は胡桃、アーモンド、カッシュナッツ、ピスタチオ、松の実など手元にあるもので。

 

♪ズッキーニのパスタ(4人分)
材料;ズッキーニ              2本(半日干す)
パスタ                  人数分
玉ねぎ                  1個(うす切り)
バルミジャーノかゴーダチーズ       30㌘
自然海塩と胡椒              適量
バターとラード(炒め用)         大さじ2
サチャインチオイル(パスタの香りつけに) 適量
オレガノ(あれば)            適量
作り方;①ズッキーニは、5㍉の輪切りにし半日干す。玉ねぎは線維にそってうす切り。

干したズッキーニを加え、塩と胡椒で味をつけます。

②フライパンにラードとバターを入れ、玉ねぎをしんなりするまで炒め、

③パスタを茹で、パスタの茹で汁少々を、チーズに混ぜ、ズッキーニをからめて皿に盛りつけます。盛りつけたパスタの上にサチャインチオイルとオレガノをふりかけていただきましょう。

♪ニョッキのトマトソースかけ(4人分)

ニョッキはイタリアの団子状のパスタの一種です。馬鈴薯や小麦粉、南瓜などの組み合わせで作られます。元々は、馬鈴薯や南瓜で作るものではなく、小麦粉を煉って作っていました。
1800年代にアメリカから伝来した馬鈴薯がイタリアでも栽培されるようになり現在は馬鈴薯が一般的です。
材料;馬鈴薯(じゃがいも)      4〜5個(皮をつけ蒸す400㌘位)
セモリナ粉(小麦粉でも)       150㌘
高きび粉 (はと麦粉や米粉でも)   50㌘
卵                  2個
バター                50㌘
自然海塩               小さじ½
胡椒                 適量
ナッメグ(お好みで)         適量(馬鈴薯の甘さが増します)
作り方;①馬鈴薯は2㌢位に切り、塩をひとつまみ(分量外)まわしかけ蒸す。
蒸した馬鈴薯をマッシャーでつぶし、

セモリナ粉、高きび粉、溶いた卵、バター、塩、胡椒、ナッメグを加えまとめます。
強力粉(分量外)をテーブルにひき、生地を棒状に細長くのばし、1㌢幅に切ります。

フォークで押しつぶし、形を整えます。
②鍋に油を数滴たらし(分量外)、湯を沸騰させた中にニョッキを入れ茹でます。
浮いてきたらざるに上げトマトソースをからめます。
トマトスース
材料;トマト            2〜3個(粗く刻む)
玉ねぎ               1個(みじん切り)
大蒜(にんにく)          1か(みじん切り)
自然海塩と胡椒           各少々
オレガノ              適量
太白胡麻油(炒め用)        適量
ワイン(あれば)          少々
作り方;①トマトは粗く刻みます。あらごしトマトを使用しても。
玉ねぎ、大蒜はみじん切り。


②鍋に大蒜とタマネギを、太白胡麻油で色つくまで炒め、塩と胡椒で味をつけ、トマトを加え5分程煮ます。あればワインを少々加えます。オレガノがあれば香りが良くなります。
③ニョッキにトマトソースをからめて出来上がりです。

♪キヌアとトマトのっぺい汁(4人分)
材料;キヌア             大さじ1
トマト               2個(さいの目切り約1㌢角)
胡瓜(きゅうり)          2本(まくわ瓜もいいですね)(1㌢の半月切り)
秋葵(おくら)           4本(半分に切る)
ミネラル命の出し          カップ2
自然海塩              小さじ⅓
生姜                1片(すりおろす)
吉野葛               小さじ2
作り方;

①胡瓜とオクラを少量の油で炒め、キヌアとミネラル命の出しを加えひと煮立ちしたら、
弱火にし、塩で薄く味をつけ煮こみます
②トマトを加え胡瓜が透明になり味がしみこんだら、吉野葛でとろみをつけます。
すり生姜を装っていただきます。

♪香の物

♪DEKOさん珈琲
ズッキーニの栄養
ペポ南瓜の仲間でウリ科カボチャ属の一年草の果菜。
サマースクワッシュ(夏南瓜)と呼ばれ,夏が旬です。
疲労回復に効果的な栄養がいっぱい含まれています。
カリウムを多く含み、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉のけいれんなどを防ぎます。
ビタミンCやβ—カロチン、ビタミンB類が豊富です。葉酸も食物繊維も含まれます。
カルシウム、銅、マンガンなどのミネラル類もバランスよく含み、低カロリーで、炭水化物も少なく、ダイエットにもおすすめですよ。
トマトの栄養
ヨーロッパでは昔から『トマトが赤くなれば医者が青くなる』という諺があるほど、その薬効が信じられてきました。(日本でも柿が赤くなると医者が青くなる)
トマトの赤色はリコピン(カロテノイドの一種)は、身体をサビさせて老化を進める原因となる活性酸素を除去します。
米国の研究では、前立腺ガンの患者にリコピンを投与したところ、ガン組織の成長が抑制されたという報告があります。また、リコピンがLDL(悪玉コレステロール)の酸化を阻害することから、動脈硬化の進展予防効果が期待できるとする研究報告もあります。
リコピンは脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収率がアップします。
また、カリウムの含有量が多いので、高血圧の改善には効果的です。
食物繊維のペクチンを含むことから、便秘の改善、血糖値や血中コレステロール値の低下なども期待できますし、美肌を保つコラーゲンの生成を助けるビタミンCも豊富に含まれています。

 

 

2019年6月パン教室
庭の額紫陽花が、梅雨空に映えてほっこりと湿気のあるだらりとした身体を励ましてくれます😊

季みちゃん家のトイレの八重咲きどくだみ。ピラミットのような花びらが珍しいです。

 

       

♢ベサン(ひよこ豆粉)のバナナパン
♢高きび粉とバナナのブラウニー
♢チャナマサラカレーとつぶっこ御飯
◇香の物


♪バナナ入りベサン(ひよこ豆粉)パン(オーブンシート1枚分)
材料;ベサン(ひよこ豆粉)           ½カップ
スペルト小麦(古代小麦)         ½カップ(小麦粉でも)
砂糖大根糖                大さじ2
サチャインチオイルと太白胡麻油      各大さじ2
小麦天然酵母               100㌘
バナナ                  1本(フォークでつぶす)
自然海塩                 ひとつまみ
木の実(くるみやアーモンドなど)     50㌘(軽く炒り刻む)
作り方;①バナナはフォークでつぶす。木の実はさっと炒り刻む。
スペルト小麦、バサンはふるう。
②ボウルにふるった粉、つぶしたバナナ、刻んだ木の実、油、天然酵母、砂糖大根糖、塩すべてをざっくりと混ぜ、

オーブンシートをひいたオーブン皿に流し平らにします。

③オーブンを160℃に予熱し、中段で160℃ 20〜25分こんがりと焼きます。   お好きな形に切っていただきます。

♪高きび粉のブラウニー(つぶっこご飯とバナナ入り)(バウンド型1個分)
材料;高きび粉             100㌘
つぶっこご飯              100㌘
バナナ                 2本(粗く包丁で刻む)
木の実                 40㌘(手元にある木の実)
キャロブパウダー            25㌘
バター                 100㌘
砂糖大根糖               30㌘(黒砂糖でも)
豆乳                  大さじ3
小麦天然酵母              50㌘
作り方;①バターは軽く湯煎にします。高きび粉とキャロブパウダーは合わせてふるいます。

 

胡桃は軽くロースとし刻む。飾り用には刻まないで10粒ほど残す。バナナは包丁で刻む。

②ボウルにバターをいれゴムベラで混ぜ、刻んだバナナ、胡桃、砂糖大根糖、豆乳、天然酵母を加え混ぜたら、つぶっこご飯もよく混ぜ合わせます。
ふるった高きび粉とキャロブパウダーも加え切るように混ぜます。
③バウンド型にオーブンシートを型に

合わせた中に、生地をヘラでおしつけるようにしていれ
木の実を飾ります。
180℃のオーブンで20分焼き、温度を160℃に下げ10分程こんがり焼きます。

 

♪チャナ(ひよこ豆)マサラカレー(4人分)
チャナ(ひよこ豆)は、低脂肪で食物繊維が豊富、代謝を高める効果もあります
アーユルヴェーダーの代表的なデトックス食材です。
マサラはヒンヂィー語で複数の香辛料をまぜたものという意味です。

材料;ひよこ豆           200㌘(一晩水に浸し柔らかくゆでる)
玉ねぎ                 大2個(約400㌘)(大きめのみじん切り)
胡麻油とラード             各大さじ2
クミンシード              大さじ1
フェヌグリーク             小さじ1
クローブ粒               2粒
コリアンダーシード           大さじ1
カルダモン粒              5粒
シナモンスティック           小1本(5㌢くらい)
大蒜(にんにく)            2片(つぶす)
生姜(しょうが)            1片(みじん切り)
カットトマト              400㌘
ガラムマサラ              小さじ2
カレー粉                小さじ1
自然海塩                小さじ1
ひよこ豆を茹でるときのスパイス
カルダモン粒              5個
クローブ粒               8個
ベイリーフ(月桂樹の葉)        2枚
胡椒                  小さじ½
クミンシード              小さじ

①ひよこ豆は一晩浸水し、スパイスを入れて柔らかくなるまで茹でる。
玉ねぎは大きめのみじん切り。大蒜は包丁の柄でつぶす。生姜はみじん切り。

②鍋に胡麻油とラードをひき、クミンシード、フェヌグリーク 、クローブ粒、コリアンダー粒、カルダモン粒、シナモンスティックを油で炒める。
大蒜と生姜を入れさらに炒め、玉ねぎを入れきつね色になるまで炒める。

③②の鍋に、茹でたひよこ豆、トマト、ガラムマサラ、カレー粉を加え10分程煮つめます。塩の分量は、味をみてから決めて下さい。

あればコリアンダーの葉(パクチー)大さじ1をみじんにし散らす。

 

♪つぶっこご飯と香の物

♪DEKOさん珈琲

*ひよこ豆の栄養
ひよこ豆(乾燥)は100g中にタンパク質20gと、豆類の中でも比較的タンパク質を豊富に含んでいます。タンパク質はからだをつくるのに欠かせない栄養素です。
そしてひよこ豆に含まれるビタミンB1は、糖質の代謝を助けエネルギーに変換、
カリウムは余分なナトリウムの排泄をうながすので、高血圧や塩分の取り過ぎによるむくみが気になる方、メタボリックシンドローム対策にもおすすめです。

*Fenugreek(フェヌグリーク)コロハ(一年草の豆科)
古代エジプトでは妙薬。セロリのような甘い香り。ビタミンA・B・Cを含む。
種に含まれるステロイドサポニンが女性ホルモンの前駆物質で、体内で女性ホルモンに変わり、バストを大きくし、母乳の出をよくする。
痰のきれをよくする・のどの痛みを和らげる・皮膚炎によい・腫瘍の痛みを和らげる・
抗炎症作用・健胃・痛風・乳腺発達・催淫・局所粘膜の保護・唇の荒れにも。
動物実験では、コレステロール低下と中性脂肪低下がみられる。血糖値を下げる。
免疫力を高める。腸内環境を整える効果。
トリゴネリン(アルカロイドの一種)、ガラクトマンナン(多糖類の一種)、
シオスゲニン(プロゲステロンに似た構造をもつ食物ステロール)
エストロゲン(女性ホルモン)、
コリン、ゲンチアニン(デルフィニジンの配糖体。だ液や胃液の分泌を促す)、
サポニン(配糖体の一種)、たんぱく質、ミネラル、
フラボノイド(食物に含まれる色素、苦み、辛味成分でポリフェノールの一種)を含む栄養のある種です。

*キャロブパウダー(いなご豆)
キャロブはいなご豆ともいわれ、地中海原産の豆のさやを粉にしたものです。
名前のいわれはキャロブの豆の実は同じ大きさのことから、ダイヤモンドの大きさを測るのに、キャロブ豆が使われ キャロブ→カラットとなまったそうで、
ダイヤモンドの大きさをカラットと呼ぶようになったといわれています。
キャロブは聖書にも、聖者のパンとして昔から食べられていた、大変栄養のある食べ物です。  ココアやチョコレートの味があります。
・食物繊維、鉄分、カルシウム、ミネラル、ビタミンB1、B2等が多く含まれて栄養価が高い
・カフェイン等の刺激物質が含まれない
・キャロブに初めから甘みがある為、糖分をあまり使わなくても良いという利点があります。
教室の方とお花見をしながら珈琲と🌸の干菓子をいただきながら”女子会”なるものを味わいました😊 うぐいすが鳴きゆったりと時が流れ、至福の一時でした💓

 

 

 

 

 

 

♪高きび粉と木の実のおやき(4人分)
材料;高きび粉            50㌘(うどん粉でも)
水                  70〜80cc
グリーンレーズン           大さじ1
かぼちゃ種とひまわり種        合わせて大さじ1
ラード                適量(焼き用)
作り方;①ボウルに高きび粉をいれ、水を少しずつ加え、なめらかに溶かします。
②フライパンにラードをひき、①の材料をお玉に半分位いれ、丸くのばします。
その上に、かぼちゃとひまわりの種を散らし、生地に火が通るまで焼きます。
塩味が欲しい時は、お好みで塩をパラパラと加えたり、ギーをぬります。

 

♪白菜のワイン漬け
白菜の芯300㌘を5㎝位の長さに切ってから1㎝幅に切り、自然海塩をふって全体になじむまぜ混ぜ、しばらく置きます。水気がでたらぎゅ〜と絞ります。
干しブドウ大さじ2とワイン大さじ2・柚子又はレモン汁1個、細切り昆布ひとつまみ・塩大さじ½をボウルにいれ、軽く重しをします。半日で食べられますが1~3日置くと上味になる。


♪つぶっこご飯と香の物(4人分)

♪DEKOさん珈琲

 

かわいいみかんを戴き、宮古島の焼き物の花瓶にさしました。連れ合いに似ているからと、娘のおみやげです!!