アラカルト

2016年9月のみりん風教室
9月はすっきりしない陽気が続きました。
大雨かと思うと真夏日。自然は気まぐれですね。
みりん風教室は、その合い間をぬって午前と午後に分かれ、焼酎や糀の手配なども教室の方々のお力添えを得て\r\n無事に終えました。
味醂風調味料は手作りすると、思わぬおこぼれがあり、。
2年目の味醂風の甘くていい薫り。
そして「こぼれ梅」は煮物やパンやクッキー、、漬け床にと大活躍します。
ぜひ、簡単ですので作ってみて下さい。
もち米と日本酒を入れた水に、一晩浸水します。
柿酢

2段の場合は、途中で入れ替え、酒入りの浸水した水を時々かけながら30分程、強火で蒸かします。
セイロが無い場合は炊飯器でもできます。
柿酢

まずは、びんを消毒します
柿酢

米糀をほぐします。
柿酢
柿酢

一歳の小さい方も一人前の仕事ぶりに、ご両親も😊マークでし。
柿酢

糀をさわると手がきれいになるとか。
美しさを求めるのは、男女問わずでしょう、、。
美しい手ですね!!
柿酢

焼酎は最後の一滴まで、ビンを逆さにして無駄をしません。
念力・念力
柿酢

焼酎の入ったビンに、熱々の蒸かしたもち米を加えます
柿酢

2人前を半分にしきり、もち米をビンに入れます。
もち米のいい匂いにつられると、うっかりやけどをしそうになるので慎重に、
びんに入れていきます。
柿酢

焼酎ともち米を混ぜると、丁度40℃になるのです。
40℃位になったら、ほぐした糀と塩を混ぜ、みりん風調味料のできあがり。
密閉して、一週間に一度かき混ぜ、2ヶ月経ったら濃してください。
柿酢

皆さん真剣に混ぜたり、糀を加えたりされています。
柿酢

お疲れさまでございます!楽しみなお茶の時間です
柿酢

ずもちと赤しそジュースの寒天煮です。暑い陽気に寒天煮はすっきりとお腹に納まりました。
柿酢

11月1日、一足早く味醂風調味料をこしました。
私は8月一日に仕込みましたので、丁度3ヶ月。
いい感じに、麹ももち米も焼酎に溶けこんでいました。
柿酢

上から重しをかけて二日程絞ります。
柿酢